JLAについて

水辺の事故ゼロをめざして
誰もが安全知識を持ち、水辺を安全に楽しめる社会へ。

1991年に日本ライフガード協会と日本サーフライフセービング協会が統一し、「日本ライフセービング協会〈初代理事長:金子邦親〉」が設立されました。
2001年にこれまでの任意団体としての役割を経て「特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会〈前理事長・小峯 力〉」となり、2019年に公益法人の認定を受け「公益財団法人 日本ライフセービング協会〈理事長・入谷拓哉〉(以下、JLA)」として新たにスタートしました。
日本のライフセービング界を代表し、国際ライフセービング連盟に加盟する唯一の団体として、国際的な視野から、海岸をはじめとする全国の水辺の事故防止に向けた安全教育、監視・救助、防災、防災教育、環境保全等を行うライフセービングの普及・啓発及び発展に関する事業を行い、国民の安全かつ快適な水辺の利用に寄与することを目的としています。
水辺の事故ゼロをめざし、「人と社会に変革をもたらす」法人として、「教育」「救命」「スポーツ」 「環境」「福祉」(=JLAヒューマンチェーン)といった領域における、生命尊厳の輪を普及していく社会貢献活動を行っています。

JLAヒューマンチェーン

LAヒューマンチェーンとは、救助者同士の手首を互いにつかみ(人間の鎖)、水没した溺者を捜索する方法です。
ライフセービングでは「ライフセービングそのものを学び、実践していくこと」「ライフセービングによって獲得した生命の尊厳の精神をあらゆる分野に社会貢献していくこと」の二通りがあります。いずれも人間がテーマであり、人間が人間を救う・守ることを根底に、生命のあるものが生命を救う自然の摂理を崇める、という歴史の普遍性を獲得していく活動展開を表現したものです。

組織概要

名称
公益財団法人日本ライフセービング協会(JAPAN LIFESAVING ASSOCIATION) 略称 JLA
設立
1991年4月
所在地
〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-18 トップスビル1階
WEBサイト
https://jla-lifesaving.or.jp/
事業内容
  1. ライフセービングとしての水辺の監視・救助活動事業
  2. ライフセービングに関する資格認定事業
  3. 青少年・児童に対するライフセービングとしての水辺の安全、教育事業
  4. ライフセービングの競技事業
  5. ライフセービングに関する広報・啓蒙活動事業
  6. ライフセービングにおける国際交流事業
  7. ライフセービングとしての環境保全活動事業
  8. ライフセービングとしての防災・防災教育事業
評議員
青木 剛
日本水泳連盟 会長
岩城 光英
日本トライアスロン連合 会長
小峯 力
中央大学 教授
酒匂 敏次
東海大学 名誉教授
島崎 修次
日本救急医療財団 理事長・国士舘大学 教授
千葉 景子
弁護士・元法務大臣
向田 昌幸
日本水難救済会 前理事長
理事
理事長
入谷 拓哉
副理事長
尾田 依津子
倫理委員会
副理事長
松本 貴行
ライフセービング教育本部
常務理事
石川 仁憲
溺水防止救助救命本部
常務理事
風間 隆宏
JLA ACADEMY本部
常務理事
宮部 周作
ライフセービングスポーツ本部
理事
内田 直人
防災対策室
理事
高野 絵美
広報室
理事
中川 容子
国際室
理事
丸田 重夫
学生部
監事
古橋 理
文珠寺 裕之
スーパーバイザー
足立 正俊
飯沼 誠司
上野 真宏
小峯 力
豊田 勝義
中見 隆男
山本 利春
メディカルダイレクター
中川 儀英
東海大学医学部付属病院高度救命救急センター次長
田中 秀治
国士舘大学大学院救急システム研究科 教授
北村 伸哉
君津中央病院 救命救急センター長
朽方 規喜
南多摩病院 統括外科部長
鍜冶 有登
岸和田徳洲会病院 救命救急センター長
吉澤 大
厚生労働省関東信越厚生局医療課医療監視員
交通案内
  • ●JR「浜松町」北口 徒歩5分
  • ●地下鉄 都営浅草線「大門」A1出口 徒歩3分
  • ●地下鉄 都営大江戸線「大門」A1出口 徒歩3分