知ってほしいWater Safety助けてサインを知っていますか?

助けてサインを知っていますか?

溺水事故を未然に防ぐためにも重要なサイン

「助けてサイン(ヘルプ・シグナル)」とは、水難者や近くに水難者を発見した人が、片手を左右に大きく振って救助を求める合図です。

「助けてサイン」~水辺の事故ゼロのために~

助けてサインが早期救助に繋がる

特に波がある海水浴場など海辺では、助けてサインによってライフセーバーが水難者を速やかに確認することができ、早期救助に繋がります。
例えば、離岸流(リップカレント)や陸風(オフショア)によって沖に流されてしまったり、急深で岸に戻れない場合につかいます。
ただし、水難者が溺れている状態で片手を振ると沈んでしまいますので、ライフジャケットなど救命具の着用や浮き具等により十分な浮力を確保していることが前提となります。
したがって、少しでも危険を感じたら溺れる前に早めにサインを出すようにしてください。