お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 【NEWS RELEASE】SUBARUより 海の安全を守るサポート車両 ライフセーバーカー提供

【NEWS RELEASE】SUBARUより 海の安全を守るサポート車両 ライフセーバーカー提供

2020.07.09 (Thu)

日本ライフセービング協会(JLA =ジェイエルエイ)は、2020年夏季の海の安全を守るために、「かながわプロジェクト」をはじめ、各地で「水辺の事故ゼロ」をめざして活動します。この度、株式会社SUBARU様より、このプロジェクトへ賛同いただき、サポート車両を提供いただくこととなりました。

「SUBARUライフセーバーカー」(フォレスターなど計12台*1)は、7月から8月の間、レスキューボード・AED・救急箱などの救助機材を積み込んだ移動可能なライフセーバーの本部として使用されるほか、救護用水上バイクの牽引や緊急時の救護所などの様々な用途で使用する予定です。

7月8日にSUBARU本社ビル(東京都渋谷区)において、「車両引き渡し式」が開催され、株式会社SUBARU常務 佐藤洋一様より、JLA 理事長 入谷拓哉へ、キーを引き渡していただきました。

このサポート車両「SUBARUライフセーバーカー」は主に、神奈川県、千葉県、静岡県で活動予定です。

2020年は海水浴場の開設がない地域もあり、これまでのような遊泳エリアの設定がない、ライフセーバーがいない、マリンアクティビティが混在するなどの状況が予測されます。海を利用するみなさんそれぞれが、ゆずり合い、お互いを見守りながら、自分自身で水辺の安全を確保していただくことが必要です。

JLAではどこでも学べるe-Lifesavingサイトを公開しています。動画やクイズでWaterSafetyを学べますので、ぜひこちらに遊びに来てください。

 

*1:株式会社SUBARU様より11台、神奈川スバル株式会社(代表取締役社長:鈴木泰介)様より1台提供