お知らせ

水辺の安全を学べる専門WEBサイトe-Lifesaving <川編> 公開

2020.08.24 (Mon)

水辺の安全はこの夏に限ったことではありません。公益財団法人日本ライフセービング協会(JLA  )では、より一層、水辺の安全に対する知識と技能を皆さんとともに考え、お伝えしたいと思っています。今回は水辺の安全について学べる専門WEBサイト『e-Lifesaving』へ、公益財団法人河川財団との協同制作により、新たに『川編』が加わりました。学校ではもちろん、ご家庭やお友達同士でも、いつでも無料でご利用いただけます。『プール編』『海編』とともにぜひ活用してください。 サイトはこちら→https://elearning.jla-lifesaving.or.jp/

 

 

【JLA e-Lifesaving(イーライフセービング)】

パソコン・タブレット端末とネットワーク環境があれば、学校で、自宅で、動画を見たり、クイズに答えて、どこでもWater Safetyが学べます。

この教材 e-Lifesaving は、公益財団法人日本ライフセービング協会が、子どもたちが水辺の事故防止の心構えや、安全のための知識と技能を身に付け、楽しく活動できることを願い、海と日本プロジェクト【日本財団】(https://uminohi.jp/)の助成で、公益財団法人河川財団(https://www.kasen.or.jp/)と学研プラスの協力で制作しています。

小学校・中学校の新学習指導要領に沿い「水泳運動の心得」や「安全確保につながる運動」、「水辺の事故防止に関する心得」などへの実践的理解を深めるような構成となっています。主に学校教育において、電子黒板やPC・タブレット端末等を使用し、主体的・対話的な学びを促すことをねらいとしています。プール活動や自然体験活動の事前指導、道徳や総合的な学習の時間など、水辺の安全教育に幅広くご活用いただけます。

 

【4つのコンテンツ】

■事前学習:イラストを見ながら事前学習 *川編はここに登場!
■動画で考えよう!:ドラマを見ながら水辺の危険や、もしもの対処を考える
■実践動画集:動画で「助かる方法」「助ける方法」を学ぶ
■クイズ!水辺の安全って?:クイズに答えてWater Safetyについて学ぶ

【WEBサイト活用方法・指導の方法公開】

学校教育現場でどのようにこのWEB教材を用いて授業を進められるのか、具体的な活用方法、授業の進め方を公開しています。
■活用ガイド:https://elearning.jla-lifesaving.or.jp/ (e-Lifesavingのトップ画面より『活用ガイド』へ)
■動画『必見! 今すぐ授業に導入できる!水辺の安全教育』

 

【オンライン講習会】

日本ライフセービング協会では、このe-Lifesavingサイトを用いて、実際にオンラインの講習会も開催しています。先日8月21日(金)には日本ライフセービング協会と河川財団の共催で、小中学生向けに、e-Lifesaving<川編><海編>を用いた公開オンライン講習会を開催しました。一般社団法人吉川慎之介記念基金(https://shinnosuke0907.net/)の協力もいただき、代表の吉川優子さんも加わって、大人や指導者向けのミニセッションも同時開催しました。水辺の安全対策や事故防止については、それぞれの専門団体が横断的に協力し、様々な年代へ「知っている」から「実践できる」ようにアプローチすることが重要です。